脂漏性皮膚炎って?ビオチンで治る!?

脂漏性皮膚炎

皮膚や粘膜の健康維持をサポートしてくれるビオチンはビタミンB群の一種になります。
ビオチンは酵母の成長を促進させる成分として研究が進められたのがきっかけで注目されるようになりました。

その後白髪や抜け毛予防、さらには美肌効果も高く、アトピーなどの皮膚炎脂漏性皮膚炎にも効果があることが分かっています。以前はビタミンCやビタミンEばかりが肌によいとして注目されてきましたが、ここ最近ではビオチンの方が注目の的になっていますね。

アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状や掌蹠膿疱症などにも効果があり、新陳代謝をアップさせ皮膚の再生能力を高めてくれます。また最近の研究では、脂漏性皮膚炎を起こす患者さんの多くはビオチン不足に悩んでいることが分かっています。
ではなぜ脂漏性皮膚炎の患者さんはビオチンが不足してしまうのでしょうか?

今回は脂漏性皮膚炎のメカニズムを詳しく話していきます。

脂漏性皮膚炎は名前の通り皮脂腺が多く分布していて、皮脂分泌が活発な部位にできる皮膚炎のことを言います。特に皮脂の分泌が多い、顔や頭皮に起こりやすく、鼻周りなどは注意が必要です。
また耳の後ろが赤くなり、脇の下は太ももの付け根も摩擦が多いため、脂漏性皮膚炎を引き起こしやすいです。
脂漏性皮膚炎の症状は、かゆみがありその部位は赤く炎症を起こします。
また皮膚の乾燥によるカサつきなどが起こりやすいです。

頭皮は皮脂腺が多く分泌しています。
皮脂が活発に分泌されている頭皮を中心として起こる皮膚炎脂漏性皮膚炎です。
かゆみを伴って、赤みもあり、乾燥やカサつきによる皮膚炎の悪化もあります。
さらにカサつきがひどくなると、皮膚がベラって剥がれてしまうことも。頭皮が脂漏性皮膚炎になると、皮膚がフケのように剥がれてくるため、フケ症と勘違いする人も多いようです。綺麗にシャンプーしていてもフケがたくさん出る場合は、脂漏性皮膚炎を疑ってみるとよいですよ。

脂漏性皮膚炎をそのまま放置してしまうと、過剰に分泌された皮脂は酸化して、加齢臭などの臭いの原因になってしまうことも。幅広い世代がなる病気であり、小さい子では赤ちゃんから発症し、その多くは自然治癒します。
また成人になっても発症するケースは多く、慢性化しやすいので注意が必要です。

脂漏性皮膚炎の原因は、小さい赤ちゃんと成人では違います。
小さい赤ちゃんが発症する場合、皮脂分泌が活発なため起こりやすいです。
また毛穴自体もきちんと発達していないケースも多いので、分泌した皮脂が毛穴に詰まって脂漏性皮膚炎になることも。

成人の場合はマラセチアと呼ばれる真菌が原因になります。
このマラセチア菌はカビの一種であり、人の皮膚に存在する常在菌です。
マラセチア菌は人の皮脂が大好物で、皮脂が多い環境下で異常繁殖します。
異常繁殖したマラセチア菌が代謝した後に出す代謝物によって頭皮などの肌に炎症が起きてしまうのです。

脂漏性皮膚炎は皮脂の分泌が過剰になることで起こります。
皮脂分泌を促進するのは男性ホルモンになりますので、一般的に男性の方が発症しやすいです。
しかし最近では女性でも起こる症状として知られています。例えばストレスなどによってホルモンバランスが乱れると、脂漏性皮膚炎を引き起こすことも考えられます。
ストレス以外にも、ビオチンなどのビタミンB不足によって引き起こされます

では脂漏性皮膚炎になった場合どのようなケアを行えばよいでしょうか?

脂漏性皮膚炎は慢性化しやすく、何度も再発を繰り返してしまうケースが多いので、きちんとした治療をおすすめします。炎症がひどくただれている場合には、ステロイドなどの外用薬を使用します。
またマラセチア菌の増殖抑制のために抗真菌剤も使用します。
薬による治療だけでは、再発を繰りかえす可能性が高いため、日々のスキンケアが重要ですよ。

まずは皮脂の分泌が活発な部位は、皮膚の清潔を心がけます。
洗う時はゴシゴシと洗わず優しく撫でるように洗います。
またバランスの取れた食生活を心がけ、規則正しい生活リズムを取ることも必要です。

特にビタミンB群を積極的に摂取するようにします。
ビタミンB群の中でもビオチンは、脂漏性皮膚炎に対して高い効果が期待できます
ビオチン配合サプリメントの服用もおすすめです。

さらにストレスや疲労も症状悪化の原因にありますので、十分な睡眠をとってストレスや疲労をため込まないようにします。また紫外線による肌のダメージも良くありませんので紫外線対策にも注意したいですね。
日常的な生活を改善しなければ症状はよくなりませんので、根気強くケアをしていく必要があります。

ビオチンで治る!?

皮脂分泌が多い頭皮などがベタベタになり、フケのように皮膚が剥がれてしまう脂漏性皮膚炎は悪化するとかゆみや痛みが増します。成人で発症する場合、症状が悪化してからこの病気だと気付くケースも多いので、慢性化しやすいです。
脂漏性皮膚炎になる原因は、マラセチア菌と呼ばれる真菌の増殖や、皮脂の過剰分泌などがありますが、ビオチン不足もその1つ。
実際に脂漏性皮膚炎の症状で悩んでいる人の血清中のビオチン濃度を測定すると、多くの人が不足した状態になっています。
つまり脂漏性皮膚炎を改善するためには積極的なビオチン摂取が必要になるのです。

ではビオチンを飲むことでどんな効果が期待できるのでしょうか?
今回はその理由を説明していきます。

ビオチンはビタミンB群の一種であり、水溶性のビタミンで補酵素になります。
補酵素としての働きもあるため、糖質や脂質、タンパク質などの代謝をサポートして調整する働きがあります。またコラーゲンの生成促進にも関与しており、肌や粘膜を健康手的な状態に保つのです。

ビオチンは亜鉛と一緒に補酵素として核酸に働きかけ、タンパク質の合成を促進します。
タンパク質の合成が促進されると、頭皮や髪の毛、皮膚、爪などの細胞分裂を活性化します。
皮膚細胞分裂が活性化すると新しい皮膚ができやすくなるので脂漏性皮膚炎の症状を改善できます。

またビオチンはコラーゲンやアミノ酸代謝にも関与しています。
皮膚や髪の毛、爪などはコラーゲンやアミノ酸が基になっているので、皮膚の健康維持には欠かせません。脂漏性皮膚炎の改善対策としてアメリカで研究が進められている注目の成分がEPAです。
EPAはドコサヘキサ塩酸と呼ばれ、青魚などに多く含まれるN-3系不飽和脂肪酸になります。
このEPAを積極的に摂取すると脂漏性皮膚炎の症状が改善することが分かってきています。

皮膚炎が起こるのは痛みや腫れなどを引き起こしてしまう、アラキドン酸と呼ばれる脂肪酸が原因になる場合があります。このアラキドン酸はサラダ油などに多く含まれるN-6系不飽和脂肪酸です。
アラキドン酸が体内で炎症を起こすプロスタグランジンやロイコトリエンと呼ばれる物質に変化してしまいます。つまり一般的な皮膚炎を改善するためにはアラキドン酸の摂取を控える必要があるのです。

EPAはアラキドン酸とは逆に、炎症を抑えて血流を促進する働きがあります。
またEPA自体が細胞間脂質になることで皮膚の状態を整えてバリア機能を高めるのです。EPAが不足してしまうと、細胞間脂質は減少してしまいます。

細胞間脂質がなくなると肌は乾燥してしまうため、EPAの代わりにアラキドン酸が過剰分泌されます。
過剰分泌されたアラキドンサンは、血流を停滞させて、皮膚細胞のターンオーバーサイクルを遅らせてしまうのです。このような肌状態になると脂漏性皮膚炎を発症しやすくなってしまうのです。

皮膚炎の改善に必要なEPAはビオチンを介して皮下組織に運搬されています。
つまり体内でビオチンが不足してしまうと体内のEPAの量が減少してしまうのです。
EPAを効率的に生産するためにはビオチンは必要不可欠な栄養素であり、積極的な摂取が望まれます。このようにビオチンは脂漏性皮膚炎の症状改善にはなくてはならない成分なのです

おすすめの飲み方

脂漏性皮膚炎の症状に悩む人は、様々な対策を行っています。
炎症がひどい場合にはステロイド剤抗真菌薬を使用する必要もあります。

しかしまず行いたいのは体質改善です。
体質が改善していない状態で皮膚炎を治療したとしても、すぐにまた再発してしまいます。
再発を防ぐためにも、体質改善は重要なのです。

そこでおすすめなのがビオチンを使用したビオチン療法です。
ビオチンはビタミンB群の一種であり、ステロイドに比べると副作用などがなく安心して摂取できます。ビオチンが脂漏性皮膚炎に効果があると知っていても、飲み方など詳しいことがわからないという人は多いです。
今回はビオチン療法による脂漏性皮膚炎の改善方法について詳しくお話ししていきます。

ビオチン療法は、水溶性ビタミンであるビオチンと酪酸菌入りの整腸剤であるミヤリサン、さらにビタミンCを同時摂取する方法です。
ビオチンは皮膚や粘膜を健康な状態にしてくれるので、皮脂分泌が過剰になった頭皮を改善してくれます。アミノ酸代謝を活性化させ、皮膚細胞のターンオーバーサイクルを早めることで頭皮の状態はみるみるうちによくなります。

ビオチン療法では、ビオチンの吸収を効率よくするビタミンCと腸内環境を改善するミヤリサンを一緒に服用します。ビオチンは腸内の善玉菌によって産生されます。
しかし腸内環境バランスが崩れている時に摂取すると悪玉菌のエサになってしまい、思うような効果が得られません。そこでミヤリサンを摂取して、腸内環境を整えることで、効果を最大限に発揮できるのです。

摂取量目安はビオチン5,000mcg、ビタミンC350mg~1000mg、ミヤリサン40mgになります。
ビオチン5,000mcg配合のサプリメントは数多く販売されており、1粒に5,000mcgが配合されているので手軽に摂取できます。飲むタイミングは胃への負担を最小限にするためにも食後がおすすめです。
ビオチンは水溶性のビタミンで体内に長期間留まることができませんので、1日数回に分けた服用が望ましいです。
1日3回に分けて毎食後摂取すると、血中濃度を維持できます。また食後でなくても8時間おきに摂取した場合でも同様の効果が得られますよ。

国内産のビオチンサプリメントは単体成分のものがなく、他のビタミンとの複合型になります。
5,000mcg配合のサプリメントを探すのであれば、海外製がおすすめです。

特にタイムリリース加工してあるサプリメントは、ゆっくりと溶けて徐々に体内に吸収されていくので、吸収率が高いです。ビオチン不足で脂漏性皮膚炎になっている場合は、タイムリリース加工したサプリメントがおすすめですね。

ビオチン比較ランキング
サプリメント等についての注意事項 サプリメントは健康補助食品であり、いかなる病気の診断・治療・予防目的には意図されておりません。
また、医師の処方で服用する薬ではありませんので、選択から使用まで全てご自身の責任となることを予めご了承ください。
  • 医師による治療、処方薬の服用をしている場合、サプリメントの使用について担当医師の指導を受けて下さい。自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替にするような行為は病状を悪化させる事もありますので、絶対におやめ下さい。
  • メーカーの示す摂取目安は必ずお守り下さい。ラベルに表示されている摂取量の目安は、平均的なアメリカ人の体格(体重約60kg)を基準にしています。お子様や体重の軽い方は、体重による比例計算をして摂取量の目安にしてください。
  • 原材料・成分に特有の匂いや色がある場合があり、またロット毎に匂いや色が異なる場合もありますが、特に製品の異常ではございません。
  • ご使用者の体調や体質によっては身体に合わないことがあります。万が一、体調に合わない場合はすぐに使用を中止し、必要によっては医師にご相談下さい。
  • 個人輸入では一度に輸入できる数量には制限があります。規制の範囲内で必要分をご購入下さい。
  • 個人輸入で海外よりご購入した商品は、自己責任による「個人使用」のみが許可されています。その為、個人輸入した商品を第三者へ譲渡・転売することは法律により禁止されております。
↑ ページTOPへ
ページTOPへ