ビオチンと亜鉛の組み合わせで薄毛を予防!知っておきたい4つの栄養素

ビオチンと亜鉛の組み合わせで薄毛を予防!知っておきたい4つの栄養素

「食生活に気を使っているのになかなか薄毛が治らない…。育毛の効果をもっともっと実感したい!」 こんな悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?
ここでは育毛をしたいあなたの思いをサポートする4つの栄養素を紹介していきたいと思います。

1.アミノ酸とコラーゲンを作る縁の下の力持ち、ビオチン

ビオチンはビタミンB7と呼ばれ、アミノ酸やコラーゲンを作る過程に携わり、 皮膚や髪の健康を維持してくれるビタミンです。髪の毛というのはケラチンと呼ばれるたんぱく質によってできています。

ケラチンは18種のアミノ酸によって構成されているため、髪の毛を作るのにアミノ酸は必須です。
またケラチンを構成するアミノ酸の一つ、プロリンはコラーゲンの構成成分になっています。
特に髪の毛のツヤツヤ感や太さのもととなり、不足すると髪が弱々しくなり丈夫で健康な髪が育ちにくくなるので、育毛にコラーゲンは必須といえます。

そのためビオチンはアミノ酸の代謝を促し、コラーゲンの生成を助けるので育毛には持ってこいの栄養素なのです。
しかし、水溶性で多く摂ってもすぐに体外に排出されてしまうので数回に分けて摂取することが理想です。
またビオチンは皮膚を健康に保つ役割も持っているので、髪の毛に栄養を運ぶ頭皮も健康に保ち、育毛の効率を良くしてくれのです

2.ビオチンと協働して髪をつくる、亜鉛

亜鉛はおもに細胞の再生や新陳代謝を助けるミネラルです
亜鉛はビオチンと協働して核酸に補酵素(※)として働きかけ、髪の毛を構成するたんぱく質の合成を促しているので髪の毛の生成に欠かせません。
そして亜鉛はビオチンとともに髪の毛の規則正しい細胞分裂を促すので髪の毛の成長にも欠かせません

また亜鉛は抜け毛の最大の要因である5-αリダクターゼを 阻害する働きがあり、 育毛するなら意識的に摂取したい栄養素の一つであると言えます。
※補酵素というのは酵素が働くためになくてはならないものです。
ちなみに酵素というのは消化や代謝活動のために必要なもので、酵素に補酵素が働いてはじめて 消化や代謝が進むのです。

3.亜鉛の吸収を最大に高めるために、銅

亜鉛を摂取するなら意識的に摂取したいのが、
亜鉛は銅の吸収を阻害し、銅を体外に出させる働きがあるため、過剰に摂取することで銅不足になってしまいます
というのも亜鉛の体内での吸収効率は銅の摂取量によって変化し、銅の濃度が高い場合、亜鉛の吸収が悪くなってしまうからです。

逆に亜鉛の濃度が高い場合には銅の吸収効率が悪くなり、 銅が不足しがちになり、貧血、脱毛がおきやすくなります。
このように亜鉛と銅は両者のバランスが重要なミネラルなのです。
理想的な亜鉛と銅の比率は8:1~10:1で摂取するように言われることがあります。
この比率を目安に食生活で摂取できる分を考え、足りない分をサプリで補給するようにしましょう。

4.たんぱく質の生成を助け、血流をよくする、L-リジン

育毛界で言わずと知れたL-リジンは、男性型脱毛症の改善に有効であるとされています。
イギリスにあるバイオサイエンティフィック社が薄毛や抜け毛治療への効果を証明しており、 彼らはL-リジンが薄毛や抜け毛に対し発毛効果があるという研究で米国特許を取得しています

L-リジンもビオチンや亜鉛と似ていてコラーゲンやケラチンの生成に関わっているので、 髪の毛のもととなり、そして髪の毛を丈夫に成長させるのに必要な栄養素の一つです。
しかし、L-リジンは人間の体内で十分な量を合成することのできない必須アミノ酸の一つなので、 L-リジンを摂取したい場合は食生活サプリを通じて意識的に摂取することが大切です。

ビオチン比較ランキング
サプリメント等についての注意事項 サプリメントは健康補助食品であり、いかなる病気の診断・治療・予防目的には意図されておりません。
また、医師の処方で服用する薬ではありませんので、選択から使用まで全てご自身の責任となることを予めご了承ください。
  • 医師による治療、処方薬の服用をしている場合、サプリメントの使用について担当医師の指導を受けて下さい。自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替にするような行為は病状を悪化させる事もありますので、絶対におやめ下さい。
  • メーカーの示す摂取目安は必ずお守り下さい。ラベルに表示されている摂取量の目安は、平均的なアメリカ人の体格(体重約60kg)を基準にしています。お子様や体重の軽い方は、体重による比例計算をして摂取量の目安にしてください。
  • 原材料・成分に特有の匂いや色がある場合があり、またロット毎に匂いや色が異なる場合もありますが、特に製品の異常ではございません。
  • ご使用者の体調や体質によっては身体に合わないことがあります。万が一、体調に合わない場合はすぐに使用を中止し、必要によっては医師にご相談下さい。
  • 個人輸入では一度に輸入できる数量には制限があります。規制の範囲内で必要分をご購入下さい。
  • 個人輸入で海外よりご購入した商品は、自己責任による「個人使用」のみが許可されています。その為、個人輸入した商品を第三者へ譲渡・転売することは法律により禁止されております。
↑ ページTOPへ
ページTOPへ