他にサプリや薬を飲んでいる方へ

biotin_title14

サプリメントはどこで買う?

ビオチンはビタミンHともよばれており、このHはドイツ語で「髪」を意味するHaarを語源としています。
髪や皮膚に関係が深い栄養素であり、髪の主成分であるケラチン合成の補酵素として働いています。
白髪予防や髪のボリュームアップなど育毛効果が高く、ビオチン配合のサプリを摂取している人も多いです。

ビオチンサプリを摂取する場合、飲み合わせに注意をしなければいけません。
薬の中にはビオチンサプリと一緒に服用してしまうと、ビオチンの吸収を妨げてしまうものも。
飲み合わせに気を付けなければ、せっかくサプリを摂取しても効果を実感できないこともあるのです。
今回はビオチンと同時に摂取することで、ビオチンの吸収が阻害される成分について説明します。

ビオチンとの飲み合わせを注意しなければいけないのが一部のビタミン剤や薬になります。
カルパミド基ウレイド基という構造を持った成分が配合されている薬を服用するとビオチンの吸収を阻害してしまいます。服用している薬がカルパミド基やウレイド基という構造を持っているのかは医師や薬剤師に確認することをおすすめします。
カルパミド基やウレイド基と呼ばれる構造を持っているのは、精神安定剤や総合ビタミン剤、鎮痛剤などがあります。

服用している薬がある場合には、まずはビオチンサプリを摂取する前には念のため主治医に一度確認した方がよいですね。ビオチンサプリの効果よりも、まずは服用している薬の効果がきちんとあるかどうかが問題です。
自分の判断で摂取するかどうかを決めるのはよくありませんよ。
サプリメントは体調や体質などによって、効果の感じ方が変わってきます。
現在の体調を見ながら、サプリメントの摂取をしていくとよいですね。決して無理はしないように、様子を見ながらの服用をおすすめします。

気を付けておきたい薬やサプリ

ビオチン配合のサプリを摂取する時には飲み合わせに気を付けなければいけません。
同時に摂取すると、ビオチンの吸収が阻害され効果が期待できなくなってしまうこともあるのです。
飲み合わせに気を付けておきたサプリや薬について知っておくとよいですね。

ステロイドホルモン剤免疫抑制剤エトレチネートを服用している人はビオチンサプリを摂取しても効果が出ません。特に長期間経口ステロイドホルモン剤や免疫抑制剤、エトレチネートを投与されていた人は、服用を中止してもすぐに効果はでません。
これは皮膚や骨病変の改善には時間がかかるため、きちんと吸収されないために起こります。
免疫抑制剤はシクロスポリンやメントレキセートなどで、エトレチネートはビタミンA誘導体の一種になります。商品名では、リウマトレックス、ネオーラルといった免疫抑制剤、チガゾンなどのエトレチネートがあります。ステロイドホルモン剤ではプレドニゾロンが有名ですね。

また低用量のピルやホルモン補充療法の薬を服用中の人も効果は期待できませんので飲み合わせには気を付けてください。ステロイド剤でも外用でステロイドを使用していた人に関しては、特にビオチンの吸収を阻害するといった報告はされていません。
外用のステロイド剤の場合飲み合わせは気にしなくてよいですよ。

さらに長期間、鎮痛剤を使用してきた人もビオチンサプリを摂取しても効果は期待できませんので飲み合わせに注意が必要。鎮痛剤は痛みの原因物質であるプロスタグランジンE2の生成を抑制する働きがあります。
痛みは和らげることはできますが、長期間の服用によって骨の形成に影響を及ぼしてしまいます。
またフェニトイン、フェノバルビタール、プリミドン、カルバマゼピンなどの抗てんかん薬や抗不安剤を服用中の人も効果はないです。

抗生物質を長期的に服用している場合も、腸内細菌叢を死滅させてしまうため、効果が期待できません。
ビオチンは腸内で生成されますので、善玉菌が死滅してしまうと生成量が減ってしまうのです。
飲み合わせに気を付けたい抗生物質はテトラサイクリン系のミノマイシンやペニシリン系の薬になります。

鎮痛剤と一緒に胃の粘膜を守るために処方されるムコスタなどの胃腸薬も飲み合わせはよくありません。
ビオチンサプリとの飲み合わせに注意しなければいけない薬は意外と多いです。服用する時にはよく確認する必要がありますね。

次はサプリメントに関してみていきます。
ビオチンはビタミンB群の一種であり、他のビタミンBと一緒に摂取すると相乗効果が期待できます。
そのため他のビタミンと一緒に服用することが多いです。

しかしマルチビタミン系のサプリメントの中にはビオチン効果を阻害してしまう成分が配合されているケースも。
マルチビタミン剤に含まれるビタミンB6、B2、パントテン酸、葉酸には飲み合わせの注意が必要です。
しかしこれらの成分は食品からの摂取であれば問題はありません。

せっかくビオチンサプリを摂取するのであれば最大限の効果を期待したいですよね。
そのためには薬や他のサプリメントとの飲み合わせには注意しなければなりません。
効果を半減させないようにしっかりと確認してから服用したいですね。

その他、気を付けるべき生活習慣

ビオチンサプリとの飲み合わせに気を付けなければいけない薬やサプリメントは意外と多いです。
しかし飲み合わせだけではなく、その他にも気を付けるべき生活習慣があります。
生活習慣によってはビオチンの吸収を阻害したり、効果を半減させたりしてしまうことも。

飲み合わせだけではなく、生活習慣も改善して、ビオチン効果をたくさん期待したいですね。
今回は気を付けるべき生活習慣について考えてみます。

ビオチン吸収の阻害につながる生活習慣として、喫煙があります。
喫煙は自分がタバコを吸っていなくても、受動喫煙の状態でも同じことが言えます。
例えば家族に喫煙者がいる、会社や友達など身近な人に喫煙者が多いという場合は注意が必要。その近くにいる人も煙草の煙をたくさん吸い込んでいることになるので、喫煙している時と同じ状態になってしまいます。
煙草を吸っていると、体内ではビオチンとビタミンCが大量に消費されてしまいます。
せっかくサプリメントで摂取しても意味がなくなってしまうのです。

またお酒の多量摂取も飲み合わせと同様、注意が必要です。
1日で大瓶ビール2本分程度に抑えておくことが大切です。
ビールやワインなどのアルコールを慢性的に摂取すると腸でのビオチン吸収の阻害が起こります
これはアメリカのカリフォルニア大学の研究結果としても発表されています。

アルコールを摂取すると、体内でのアルコール分解にビオチンを使われてしまいます
そのためアルコールをたくさん飲んでしまうと、せっかくビオチンを摂取しても、美肌や育毛効果を期待できなくなってしまうのです。ビオチンサプリを摂取した時は、アルコール摂取はなるべく控えるようにして飲み合わせに気を付けたいですね。

また生卵の卵白もビオチンの効果がなくなります。
生卵を食べる時には飲み合わせに気を付けてください。

生卵の卵白部分にはアビジンと呼ばれる成分が含まれています。
このアビジンはビオチンと結合する性質をもっているため、ビオチンが腸から吸収されなくなってしまうのです。
これは生卵の卵白に限った話で、黄身の部分は生でも問題はありませんし、卵白部分も加熱すれば摂取してもOK。
また生クリームやムース、アイスクリームなどの商品の中には生卵の卵白が使用されたものもありますので、注意が必要です。飲み合わせや食べ合わせには気を付けたいですね。

ビオチン比較ランキング
サプリメント等についての注意事項 サプリメントは健康補助食品であり、いかなる病気の診断・治療・予防目的には意図されておりません。
また、医師の処方で服用する薬ではありませんので、選択から使用まで全てご自身の責任となることを予めご了承ください。
  • 医師による治療、処方薬の服用をしている場合、サプリメントの使用について担当医師の指導を受けて下さい。自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替にするような行為は病状を悪化させる事もありますので、絶対におやめ下さい。
  • メーカーの示す摂取目安は必ずお守り下さい。ラベルに表示されている摂取量の目安は、平均的なアメリカ人の体格(体重約60kg)を基準にしています。お子様や体重の軽い方は、体重による比例計算をして摂取量の目安にしてください。
  • 原材料・成分に特有の匂いや色がある場合があり、またロット毎に匂いや色が異なる場合もありますが、特に製品の異常ではございません。
  • ご使用者の体調や体質によっては身体に合わないことがあります。万が一、体調に合わない場合はすぐに使用を中止し、必要によっては医師にご相談下さい。
  • 個人輸入では一度に輸入できる数量には制限があります。規制の範囲内で必要分をご購入下さい。
  • 個人輸入で海外よりご購入した商品は、自己責任による「個人使用」のみが許可されています。その為、個人輸入した商品を第三者へ譲渡・転売することは法律により禁止されております。
↑ ページTOPへ
ページTOPへ