アトピー治療におすすめのビオチン

biotin_title01

どんな方法なの?

コラーゲン生成促進、糖質、脂質などの代謝促進、頭皮の血行促進など様々な効果が期待できるビオチン。
ビタミンB群の一種であり、大量に摂取しても体に害がないため安全性が高いのが特徴です。
髪や皮膚の健康を維持するために積極的に摂取する人も増えており、サプリメントも数多く販売されています。

体の健康維持に必要なビオチンはアトピー性皮膚炎の治療にも使用されているそうです。
最近の研究ではアトピー性皮膚炎患者の中には血清中のビオチン濃度が低下している状態の人がいるそうです。
そのためアトピー性皮膚炎治療に積極的に使用する医師もいるそうですよ。
今回はアトピー性皮膚炎を治すビオチン療法について詳しく説明していきます。

ビオチン療法では体内で不足しているビオチンを積極的に摂取することで皮膚細胞のターンオーバーサイクルを早めます。ターンオーバーサイクルが早まると正常な皮膚ができやすくなるのです。
また同時にビタミンCとミヤリサンを摂取することでさらに効果を高めてくれます。
ビタミンCにはビオチンの吸収を高める働きがあるため、同時に摂取するとアトピーへの効果が高まるそうです

ミヤリサンは酪酸菌を配合した整腸剤のことを言います。
ミヤリサンには腸内環境のバランスを改善して、善玉菌優位の状態にしてくれます。
腸内環境が悪化して悪玉菌が多い状態だと、摂取しても悪玉菌のエサとなってしまう恐れがあります。
腸内環境を整えておけば悪玉菌は減少し、エサとして食べられてしまうことがないので効率よく働いてくれますよ。

ビオチン療法は特定の医療機関では行われており、医者から処方されることもあるそうです。
この療法を積極的に行っている病院はインターネットなどで検索すればすぐにヒットしてきます。
興味がある人は調べてみるとよいかもしれませんね。

アトピー性皮膚炎の患者さんにビオチンを投与すると、体内で起こっていた免疫異常代謝障害の改善効果が期待できるそうです。また大量に摂取しても副作用がなく、値段も安いので有効な治療薬として期待されているのです。

アトピー性皮膚炎におけるビオチン療法の1日あたりの摂取量はどれくらいでしょうか?
医師の処方や個人差によって摂取量は変わってきますが、摂取量は3,000mcg~5,000mgになります。
1粒に5,000mcg含有したサプリメントは多く販売されていますので、1粒飲めばOK。さらにミヤリサン40mgとビタミンCを300~350mg摂取します。

服用回数は1日に3回。8時間間隔で飲むとよいのです。
8時間おきに飲めば血中の濃度を一定に保つことができるため高い効果が期待できるそうですよ。
ビオチンは水溶性のビタミンになりますので、1回摂取量を大量にしてもすぐに尿と一緒に体外へ排出されてしまいます。飲み溜めはできませんので、1日3回に分けて飲んだ方が効果的ですよ。

ビオチンの1日あたりの目安摂取量50mcgになりますので、1回の摂取量が5,000mcgは非常に多いです。しかしビタミンB群の一緒で大量に摂取したとしても問題はなく、副作用もありません。
むしろ大量に摂取した方がアトピーを効果的に治せると言われているそうですよ。

完治した口コミは?

ビタミンB群の一種でビタミンHとも言われるビオチン。体内で作られるEPAやプロスタグランジンE3の酸性促進効果があります。プロスタグランジンE3はアレルギー症状を改善することができます。
またEPAは炎症の原因となる物質代謝を抑制する働きがあるのです。
つまりビタミンHを積極的に摂取すればアレルギー症状を抑えられるのです。

アレルギー症状の1つにアトピー性皮膚炎があります。
アトピー性皮膚炎はダニやハウスダストなどが原因となる慢性皮膚疾患
日本全国に多くの患者さんがいる病気であり、幼少期に発症して完治する人もいれば、大人になって再発する人もいます。ビオチンはアトピー性皮膚炎への効果が期待されており、実際に治療に使われているケースも。また口コミを見ると、アトピーが完治したという人も多数いるようですよ。

今回はビオチン療法によってアトピーが完治した口コミをチェックしてみます。

ビオチン療法の第一人者とも言われているのが秋田県の本荘第一病院の前橋賢先生
著書も出版されており、ネットでも話題になっています。
全国各地から先生に診察してもらいたいと連絡がくるほどで予約は2ヶ月以上待たなければいけないそうです。
実際にその先生のもとを訪れてアトピーが完治したという口コミも多く見られます。
先生秘伝の摂取量もあるそうですので完治を目指したい人は診察をしてもらうとよいかもしれませんね。

アトピーに10年以上悩まされているAさんは皮膚を掻きむしりすぎて象のような無数の深い横シワができて困っていました。顔も赤黒くなってしまい、色素が抜けた部分と黒ずんだ部分があるようです。
しかしビオチン療法を始めてから象肌が改善され、顔色も赤黒かったのが白くなったそうです。かゆみや痛みから解放されて毎日が楽しくなったと喜んでいます。

アトピー性皮膚炎の全ての患者さんに効果があるわけではありません。
しかしビオチン不足によってアトピーが引き起こされている場合には完治する例もあるようですよ。
ステロイドの使用をやめたい、食事療法や生活習慣改善でも治らないという人は試してみるとよいですね

悪化した例もある?

アトピー性皮膚炎に効果があるとされるビオチン。
ビタミンCやミヤリサンと一緒に服用するビオチン療法を行ってアトピーの症状が悪化した例はあるのでしょうか?今回はネット上の口コミでアトピー症状が悪化してしまったという口コミを紹介していきます。

ビオチン療法では必ずビタミンCミヤリサンと一緒に服用します。
ビタミンCはビオチンの吸収を高めてくれる働きがあり、酪酸菌が含まれるミヤリサンは腸内環境を整えて善玉菌を増やしてくれます。単独でビオチンを摂取すると腸内の悪玉菌のエサとなってしまい、悪玉菌を増殖させてしまいます。腸内環境のバランスが崩れると新陳代謝が悪くなり皮膚のターンオーバーサイクルも乱れてしまいます。
つまり単独で摂取するとアトピーの症状を悪化させてしまうこともあるのです。

今回はアトピーが悪化したBさんの口コミを紹介します。
Bさんは飲み始めた当初、ミヤリサンの摂取量が合わなかったためか腸の調子が悪くなり、ミヤリサン摂取量を極端に減らしました。するとアトピーはみるみるうちに悪化していったそうです。
その後ミヤリサンの摂取を再開しましたが、アトピーの症状も改善されず、腸の具合もよくなかったそうです。

アトピー性皮膚炎のなる原因は、ハウスダストやダニ、環境の変化、ストレス、腸内環境の悪化、免疫力の低下など様々です。
その中の1つに体内のビオチン不足が挙げられます。ビオチン療法は体内のビオチンが不足したことによってアトピー症状が悪化している人によって高い効果が期待できるそうです。しかしそれ以外が原因でアトピーを発症している場合にはこの療法を行っても意味がないのです。逆に症状が悪化してしまうケースもあります。
Bさんも違う原因によってアトピーを引き起こしていた可能性があります。

もしもビオチン療法を行って症状が悪化した場合には様子を見てひどければ服用を中止してください。
医師の処方により行っている場合は医師の診断に従うとよいですね。少し症状が悪化したと感じた場合には、もう少し様子を見てもよいかもしれません。アトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症の治療を目的としたビオチン療法は、症状が良くなったり、悪くなったりを繰り返します。
そして徐々に症状が軽快していき、完治につながるケースもあるのです。

アトピー性皮膚炎の治療法ステロイド処方食事療法生活習慣の改善など様々な方法があります。
ビオチン療法が体に合う人もいれば合わない人もいるそうです。全ての人に絶対に効果があるとは言い切れませんが、それによって症状が良くなった人もいます。逆に症状が悪化したBさんのようなケースもあるので、自分の体質に合っているかを見極めることが大切になりますね。

またCさんは服用を1年以上続けましたが、特に効果はなく、アトピー性皮膚炎は改善されなかったそうです。実際に行った人の中にはCさんのように大きな症状の変化が現れなかったという人も多いようです。
特に症状に変化がなく、効果が認められなかった場合には服用をやめてもよいですね。

幼児がビオチン摂取してもいいの?

アトピー性皮膚炎の治療に効果があると言われているビオチン療法。
アトピー性皮膚炎は幼少期に発症するケースが多いです。
本当に効果が期待できるのであれば幼児に使用したいと考えている人も多いのではないでしょうか?
では幼児が摂取しても問題ないのでしょうか?

今回は幼児のビオチン療法について詳しく説明します。

ビオチンはビタミンB群の一種であり、ビタミンHと呼ばれる水溶性のビタミン。
ビタミンは5大栄養素の1つであり、私達人間の体を健康に維持するためには必要不可欠な栄養素と言ってもよいのです。つまり幼児が摂取しても全く問題はありません。

またビオチンは水溶性のビタミンであり、大量に摂取したとしてもそのほとんどが尿と一緒の体外へ排出されてしまいます。そのため血中に留まることができないので、過剰摂取になっても副作用の心配はありません

幼児が服用したからといって、際立った副作用が出たという報告もされていません。
アトピー性皮膚炎の治療薬として有名なステロイド剤の方が副作用は高く、長期使用は避けた方がよいです。一方ビオチンは長期的に摂取しても体にとって害はなく、安心して摂取できるのでおすすめですよ。

ただしビオチン療法をする時には摂取量には気を付けた方がよいですね。
成人と同じ摂取量では多すぎるので子供の体重に合わせた摂取量が望ましいとされています。
また大人と同じように一度に摂取するよりも、1日3回~4回に分けて摂取した方が望ましいです。

体内の濃度を保つためには、こまめに摂取してなるべく体内に留めさせておくことが大切になりますよ。
ビオチンのサプリメントの中には、トローチやチュアブルタイプのものも販売されています。
味もブドウやイチゴなどのフルーツ味がついたものもありますので幼児はラムネ感覚で摂取できるかもしれませんね。

ビオチン比較ランキング
サプリメント等についての注意事項 サプリメントは健康補助食品であり、いかなる病気の診断・治療・予防目的には意図されておりません。
また、医師の処方で服用する薬ではありませんので、選択から使用まで全てご自身の責任となることを予めご了承ください。
  • 医師による治療、処方薬の服用をしている場合、サプリメントの使用について担当医師の指導を受けて下さい。自己判断で治療・医薬品の使用を中止し、サプリメントを代替にするような行為は病状を悪化させる事もありますので、絶対におやめ下さい。
  • メーカーの示す摂取目安は必ずお守り下さい。ラベルに表示されている摂取量の目安は、平均的なアメリカ人の体格(体重約60kg)を基準にしています。お子様や体重の軽い方は、体重による比例計算をして摂取量の目安にしてください。
  • 原材料・成分に特有の匂いや色がある場合があり、またロット毎に匂いや色が異なる場合もありますが、特に製品の異常ではございません。
  • ご使用者の体調や体質によっては身体に合わないことがあります。万が一、体調に合わない場合はすぐに使用を中止し、必要によっては医師にご相談下さい。
  • 個人輸入では一度に輸入できる数量には制限があります。規制の範囲内で必要分をご購入下さい。
  • 個人輸入で海外よりご購入した商品は、自己責任による「個人使用」のみが許可されています。その為、個人輸入した商品を第三者へ譲渡・転売することは法律により禁止されております。
↑ ページTOPへ
ページTOPへ